紫外/可視/近赤外分光法(UV / VIS / NIR)

UV / VIS / NIR分光法は、液体および固体の光学特性(透過率、反射率、吸収率)を決定する強力な分析手法です。 半導体材料、コーティング、ガラス、その他多くの研究および製造材料の特性評価に適用できます。 UV / VIS / NIRは、175 nm〜3300 nmの光学範囲で動作します。

液体サンプルのUV / VIS / NIR分析

UV / VIS / NIR分光法は、一般に、分析対象物の濃度または溶液中の成分の化学的変換を決定するために使用されます。 この手法は、目的の光学範囲にわたる光の吸収を測定します。 サンプルはキュベットに分配され、光源と検出器の間の経路に配置されます。 ランベルトベールの法則によれば、一定の光路長と既知の吸収係数(波長に依存)により、問題の化合物の濃度は、その波長で吸収された光から決定できます。

固体サンプルのUV / VIS / NIR分析

固体サンプルの透過率の測定:

積分球の前にサンプルを置きます。 光源からの光はサンプルを透過し、積分球に入ります。 その後、光は球の内面で反射され、検出器に到達します。 全体の透過率と直接透過率の両方を測定できます。 これらのXNUMXつのパラメータから、拡散透過率は次のように導き出すことができます。

T差分 = T全体 - T直接

固体サンプルの反射率の測定:

透過率と同様に、固体材料の全体的な反射率を測定するには、積分球が必要です。 サンプルは積分球の後ろに配置されます。 光源からの光は、サンプルで反射され、続いて積分球の内面で反射され、その後、検出器に到達します。 全体の反射率に加えて、拡散反射率も測定できます。 鏡面反射データは、全体および拡散反射データから計算できます。

Rスペック = R全体 – r差分

固体サンプルの吸光度の計算:

吸光度のパーセンテージは、サンプルによって吸収された入射ビームのパーセンテージとして定義されます。つまり、ビームの反射も透過もされていない部分です。 吸光度は、反射率と透過率から計算できます。

%A = 100%–%R全体 –%t全体

UV-vis光学システム標準検出モジュール

Lambda 1050分光器検出器コンパートメントの光学システム(標準検出モジュール)

積分球を備えたUV-Vis光学システム

Lambda 1050分光器検出器コンパートメントの光学システム(積分球を装備)

UV / VIS / NIRの理想的な使用法

  • 175 nmと3300 nmの間の液体および固体の光学特性の決定
  • 溶液中の検体の定量化
  • 鉄の含有量と価数(Fe2+/ Fe3+)ガラスの測定
  • 品質保証と品質管理

強み

  • 溶液中の多種多様な検体の濃度の測定に適しています
  • UV / VIS / NIRを使用した溶液中の分析対象物の定量は、クロマトグラフィー分析よりも簡単で時間もかかりません。

制限事項

  • ソリューション内の他のコンポーネントが干渉を引き起こす可能性があります
  • クロマトグラフ分析メソッドは、UV / VIS / NIRメソッドよりも正確で正確です
  • サンプルサイズ/サンプル量には特定の要件があります(技術仕様を参照)

UV / VIS / NIR技術仕様

  • 波長範囲:175〜3300 nm(積分球を使用する場合は175〜2500 nm)
  • ビームサイズ:直径2mmから12×8mm
  • サンプルサイズ:固体サンプルの場合、0.5×0.5cmから10×10cmの間
  • サンプル量:液体サンプルの場合> 0.2 mL

特定の機能を有効にして私たちとのあなたの経験を向上させるために、このサイトはあなたのコンピュータにクッキーを保存します。 続行をクリックして承認を与え、このメッセージを完全に削除してください。

詳細については、当社を参照してください。 プライバシーポリシーをご覧ください。.