誘導結合プラズマ発光分析(ICP-OES)

誘導結合プラズマ発光分析(ICP-OES)は、粉末、固体、液体、懸濁液など、さまざまな種類のサンプルの定量的なバルク元素組成を提供できます。 固体サンプルは通常、クローズドマイクロ波システムで酸の組み合わせを使用して溶解または分解されるため、揮発性の可能性のある分析対象種が保持されます。 得られたサンプル溶液は、誘導結合されたアルゴンプラズマのコアに噴霧され、約9000Kの温度に達します。 このような高温では、噴霧された溶液が気化され、分析対象種が噴霧され、イオン化され、熱的に励起されます。 次に、分析対象物の種は、熱的に励起された分析対象物の原子またはイオンから元素固有の特徴的な波長で放出される放射の強度を測定する発光分光計(OES)で検出および定量化できます。 強度測定値は、キャリブレーション標準との比較により元素濃度に変換されます。 この手法は、標準が利用できない場合の定量化学分析に特に強力です。

ICP-OESの理想的な使用法

  • バルク定量 化学分析 固体、液体、懸濁液中の主要元素、微量元素、微量元素の分析
  • 広範囲の材料中の微量元素の正確で正確な定量
  • 品質管理とプロセス管理、そして研究開発

強み

  • さまざまな元素をXNUMX回の分析サイクルで測定できます
  • 有用な線形ダイナミックレンジは数桁以上です
  • 石英を含まないサンプル導入システムを使用すると、低レベルのシリコンとホウ素を測定できます。
  • 分析を自動化できるため、精度、精度、サンプルスループットが向上します。
  • ICP-OESとの組み合わせ ICP-MS 主要成分から微量成分(通常はサブppb)まで、幅広い元素濃度を高い精度と精度で測定するのに非常に強力です。

制限事項

  • 分析するサンプル部分は、分析前に完全に分解または溶解する必要があります
  • 発光スペクトル 複雑になる可能性があり、対象の要素の波長が別の要素の波長に非常に近いか重なっている場合、スペクトル干渉が発生する可能性があります
  • マトリックス関連の影響により、定量に課題が生じる可能性があります
  • この手法では、炭素、窒素、水素、酸素、ハロゲンを測定できません。

ICP-OES技術仕様

  • 検出されたシグナル: 光子
  • サンプルサイズの要件:250mgから1グラムの固体サンプル; 一般的な溶液の量は2〜10mLの範囲です
  • 検出された元素の範囲: リチウム(原子番号3)からウラン(原子番号92)、ただしガス、ハロゲン、低レベルのリン、硫黄を除く
  • 典型的な検出限界: ソリューションの10億分の1
  • 深さの決断: バルク化学分析技術
  • 空間分解解析:いいえ
  • イメージング/マッピング: Ns

特定の機能を有効にして私たちとのあなたの経験を向上させるために、このサイトはあなたのコンピュータにクッキーを保存します。 続行をクリックして承認を与え、このメッセージを完全に削除してください。

詳細については、当社を参照してください。 プライバシーポリシーをご覧ください。.