レーザー回折測定

レーザー回折法を使用した粒度分布解析

EAG Laboratoriesは、0.02桁を超える範囲をカバーする、粒子サイズ測定技術の完全なポートフォリオを提供します。 レーザー回折法は、2000 µm〜3 µmの範囲の粉末および懸濁液の粒度分布を決定するための分析技術です。 典型的な用途には、ガラス製造用の原材料、XNUMXD印刷用の材料、リン光剤、インクなどがあります。

懸濁液は測定セルを通してポンプで送られ、その後レーザービームで照射されます。 異なるサイズの粒子がレーザービームを通過すると、粒子サイズに反比例する角度でレーザー光が散乱します。 ミー散乱またはフラウンホーファー回折理論を使用して、角散乱強度データを分析して粒子のサイズを計算します。

測定原理を以下に示します。

レーザー回折法の理想的な使用法

  • 懸濁液と粉末の粒度分布分析

強み

  • 広いダイナミックレンジ(0.02 µm – 2000μm)
  • 粉末および懸濁液に適用可能

制限事項

  • 材料の屈折率と吸収は、50 µm未満の粒子を含むサンプルでは既知でなければなりません。
  • サンプル準備は非常に重要です。 サンプルの準備が不十分な場合(代表的でないか、分散が不十分な場合)、データは不正確になります

レーザー回折法の技術仕様

  • 粒度範囲:0.02μm– 2000 µm
  • サンプル量:粒子サイズに依存
  • 測定原理:ミー散乱とフラウンホーファー回折

特定の機能を有効にして私たちとのあなたの経験を向上させるために、このサイトはあなたのコンピュータにクッキーを保存します。 続行をクリックして承認を与え、このメッセージを完全に削除してください。

詳細については、当社を参照してください。 プライバシーポリシーをご覧ください。.