エアジェットふるい

エアジェットふるいを使用した粒度分布分析

EAG Laboratoriesは、45桁を超える範囲をカバーする、粒子サイズ測定技術の完全なポートフォリオを提供しています。 エアジェットふるい分析は、5600〜3 µmの範囲の乾燥した粉末状物質の粒度分布を決定するための分析技術です。 典型的な用途には、ガラス製造用の原材料、再生ガラス、XNUMXDプリント用の材料が含まれます。

最初のステップは、サンプルをふるいにかけることです。 このふるいは密閉容器に取り付けられています。 回転するノズルからふるいを通して上向きに空気を吹き込み、サンプルを流動化します。 出口の気流は、小さめの粒子をふるいを通して下向きに運びます。 最高級のふるいから始めて、通過する材料の量は計量によって決定されます。 保持されたサンプルは次に大きいふるいサイズに移され、必要なすべてのふるいで連続してふるい分けが行われるまでこの手順が繰り返されます。

エアジェットふるい分析技術の原理の概略図を以下に示します。

画像ソース:WSタイラー

 

エアジェットふるい分析の理想的な使用法

  • 乾燥粉末の重量分率分布分析

強み

  • サンプルの準備は不要

制限事項

  • サンプルは失われます
  • 乾燥粉末材料にのみ適しています
  • 限られた数のメッシュサイズが利用可能(45、63、90、125、180、250、355、500、710、1000、1400、2000、2800、4000および5600 µm)

技術仕様

  • サンプル量:約10〜100 g
  • ふるい寸法:直径200 mm、メッシュサイズ45〜5600 µm
  • ふるいの下の圧力の下で:約600〜7000 Pa
  • 空気流量:約45-70メートル3/h

特定の機能を有効にして私たちとのあなたの経験を向上させるために、このサイトはあなたのコンピュータにクッキーを保存します。 続行をクリックして承認を与え、このメッセージを完全に削除してください。

詳細については、当社を参照してください。 プライバシーポリシーをご覧ください。.