ポリマー化学

EAGはポリマー化学の専門知識を持ち、ポリマーおよび複合材料の全ての領域で分析を提供します。 材料の基本的な特性評価から複雑な問題を伴う調査まで、分析サービスを提供できます。プラスチック材料は、医療機器、包装、コーティング、スポーツ用品、玩具、工業製品、建設資材、消費財など、さまざまな業界で使用されています。

プラスチック試験ラボでは、FTIR、TGA、DSC、mDSC、TMA、DMA、GPC、GC / MS、LC / MS、光学顕微鏡、NMR、SEM / EDS、XPS、TOF-SIMS、熱分解GC-MSなどの分析機器を使用しています。当社の専門家は、次のような課題を調査するための技術プロジェクトの設計とデータの解釈に長年の経験があります。

  • リバースエンジニアリング(デフォーミュレーション) 競合他社の製品等の
  • 寿命前の破損などの製品不良の根本原因を特定する
  • ポリマー試料中の添加物を調査する
  • ポリマー同定プロジェクト
  • 疑わしい汚染物質の同定
  • 悪臭の原因または外観変色の原因を特定する
  • 良品サンプルと不良品サンプルを比較して、高分子化学的な差異の原因を知る

プラスチックおよびポリマーの分析と加工に豊富な経験があります。当社のポリマーおよびプラスチック試験の専門家は、以下を含む幅広いポリマー材料を調査しました。

  • 熱可塑性プラスチック
  • サーモセット
  • エラストマー
  • ゴム
  • コンポジット
  • ポリウレタン
  • 単層および多層フィルム
  • 接着剤とシーラント
  • 塗料とコーティング
  • パッケージング
  • 高性能エンジニアリングポリマー
  • 特殊ポリマー
  • 導電性ポリマー
  • バイオポリマー
  • 液晶ポリマー
  • 樹脂

EAGのポリマー調査では、これらの配合製品の化学的性質と物理的および機械的特性の評価の両方にフォーカスしています。クライアントのニーズに応じて、EAGは物理的および化学的テストを組み合わせて、要望に対応できます。分光分析、クロマトグラフィー、顕微鏡検査などの複数の分析技術を適用して、プラスチックおよびポリマー製品の組成を調べます。 ASTM試験法も適用できます。

物理的および機械的特性のテストには次のものがあります。

  • 引張、弾性率、伸び
  • 接着力
  • 圧縮性
  • 断面の多層膜の厚さ
  • 熱特性(ガラス転移、融点、熱膨張、結晶化度を含む)

化学組成分析には以下があります。

  • ベースポリマーの特性評価とポリマーの同定を含む化学的分類
  • 分子量分布 GPC
  • による総分子量(絶対および高温を含む) GPC
  • 末端基分析
  • 共重合体骨格の化学構造、共重合体含有量/比率、ポリマーブレンド
  • 酸化防止剤、UV安定剤、加工助剤、フィラーなどの添加材の同定

高分子材料プロジェクトのテストについては、1 800 366までお電話ください。

特定の機能を有効にして私たちとのあなたの経験を向上させるために、このサイトはあなたのコンピュータにクッキーを保存します。 続行をクリックして承認を与え、このメッセージを完全に削除してください。

詳細については、当社を参照してください。 プライバシーポリシーをご覧ください。.