誘導結合プラズマ(ICP)サービス

テクニックノート

はじめに

誘導結合プラズマ(ICP)分析技術は、誘導結合プラズマ源を使用して試料をその構成原子またはイオンに解離させ、それらを特徴的な波長の光またはイオンを放出するレベルまで励起する多元素分析技術である。それらは質量分析器で検出されます。

固体試料は一般的には溶液に溶解または消化される。

試料は、典型的には、液体試料または溶液試料をネブライザーに吸引することによって、またはレーザーを使用して固体試料をエアロゾルに直接噴霧することによって、エアロゾルとしてICPプラズマに導入される。 サンプルエアロゾルがいったんICPトーチに導入されると、それは完全に脱溶媒和され、エアロゾル中の元素はまず気体原子に変換され、次にプラズマの終わりに向かってイオン化されます。

ICP-OESとICP-MS:2つの技術の比較

ICP-OES (誘導結合プラズマ発光分析)は、分析物から元素固有の特徴的な波長で放出された光を測定する。 検出器は放出された光の強度を測定し、それは次に較正標準と比較することによって試料中のその特定の元素の濃度を評価するために使用される。

ICP-MS (誘導結合プラズマ質量分析法)は、誘導結合プラズマ源で発生した分析物イオンの強度を測定します。 プラズマ中に生成されたイオンは、それらの質量対電荷比によって分離され、存在する検体の同定および定量化を可能にする。 ICP − MSは、広範囲の元素に対して優れた感度(すなわち低い検出限界)を提供する。

EAG研究所からの誘導結合プラズマサービスを比較するアイコン

レーザーアブレーション誘導結合プラズマ質量分析(LA-ICP-MS)

In レーザーアブレーション誘導結合プラズマ質量分析すなわち、サンプルはパルスレーザービームで固体サンプルを切除することによって直接分析される。 生成されたエアロゾルは、ガス流によって誘導結合アルゴンプラズマ(ICP)のコア内に輸送される。 ICP − MS内のプラズマはイオンを発生させるために使用され、次いでイオンは質量分析器に導入される。 未知のサンプルの成分は、それから識別され測定され得る。

レーザーアブレーションでは、あらゆる種類の固体サンプルを分析用にアブレーションすることができます。 サンプルサイズの制限はほとんどなく、サンプル調製手順もありません。 レーザーアブレーションを用いた化学分析は、溶液ICP - MS(ミリグラム)に必要とされるものよりも少量のサンプル(マイクログラム)を必要とする。 分析測定システムによっては、この手法にはごく少量のサンプルで十分な場合があります。 さらに、集束レーザービームは、横方向(x、y)および深さ(z)方向の両方に関して、典型的にはミクロンの分解能で、固体サンプル中の不均一性の空間的特徴付けを可能にする。

特定の機能を有効にして私たちとのあなたの経験を向上させるために、このサイトはあなたのコンピュータにクッキーを保存します。 続行をクリックして承認を与え、このメッセージを完全に削除してください。

詳細については、当社を参照してください。 プライバシーポリシーをご覧ください。.