ICP-OESおよびICP-MS検出限界ガイダンス

アプリケーションノート

これらのICP − OESおよびICP − MS検出限界は、所与の元素について最良の同位体または波長に影響を与えるスペクトル干渉がないと仮定すると、理論的に最良のシナリオである。 どのような決定に対しても、実際のメソッド検出限界は、1桁以上高くすることができます。 絶対的な情報ではなく、ガイドとしてこれを使用してください。

EAGラボラトリーズのICP-OESおよびICP-MS検出限界ガイド

誘導結合プラズマ(ICP)ベースの分析技術 材料のバルク元素組成を定量的に測定できます。

In プラズマ発光分光法(OES)、サンプル溶液は誘導結合アルゴンプラズマ(ICP)のコアに導入され、9,000Kのオーダーの温度を生成します。 これらの温度では、分析対象の原子とイオンが熱的に励起され、それらの特徴的な波長で発光します。 この光
分光器の入射スリットに焦点を合わせ、光を構成波長のスペクトルに分解する回折格子を通過します。 分光計内で、この回折光は波長ごとに分離および収集され、増幅されて強度測定値が得られます。この強度測定値は、校正標準と比較して元素濃度に変換できます。

In プラズマ質量分析(MS)例えば、誘導結合アルゴンプラズマ(ICP)はまた高温源であり、四重極質量分析計に結合される。 しかし、OESとは対照的に、ICP-MSのプラズマは、四重極質量分析計に加速されるイオンを生成するために使用されます。 次にイオンはそれらの質量対電荷比に従って分離されそして集められる。 未知のサンプルの成分は、それから識別され測定され得る。 ICP-MSは幅広い元素に対して極めて高い感度を示します。

ICP-OESおよびICP-MS検出限界のアイコン

強み

  • 一回の試料分析で最大70元素まで同時に決定できるバルク化学分析技術。
  • 線形ダイナミックレンジは数桁以上です。
  • 計測は自動化に適しているため、精度、精度、およびスループットが向上します。

制限事項

  • 対象の元素の波長が他の元素の波長に非常に近い場合、発光スペクトルは複雑であり、元素間干渉が起こり得る。
  • 質量分析では、特定の元素の決定と定量は、多原子種、マトリックス元素、大気中の元素からの干渉の影響を受ける可能性があります。
  • 分析するサンプルは、目的の元素を特定するために、分析前に完全に消化するか溶解する必要があります。

特定の機能を有効にして私たちとのあなたの経験を向上させるために、このサイトはあなたのコンピュータにクッキーを保存します。 続行をクリックして承認を与え、このメッセージを完全に削除してください。

詳細については、当社を参照してください。 プライバシーポリシーをご覧ください。.